モトカの日記 Type-P

FORZA Siでお気楽に。

年間300万人が訪れる大和市シリウス図書館へ バイクで行く

東名高速の横浜町田IC~厚木IC辺りを走っていると、跨道橋に

「年300万人来館 シリウス大和市図書館」

と書かれた横断幕があることが以前から気になっていました。そんなにすごい図書館なのか? と思っては夜も眠れず、FORZA Siで現地に行ってみました。

大和市文化創造拠点 シリウス

外観・内観

f:id:mtca:20190616163649j:plain

大和市文化創造拠点シリウスとは、図書館やホールなどから構成される大和市立の公共施設。2016年にオープンした、非常に新しくスタイリッシュな外装の建物です。

開館時間を調べずに朝9時前に到着したら、館内はすでに長蛇の列

この図書館には有料・無料で利用できる読書スペースが潤沢にあるのです。そこで試験勉強などをする学生たちが開館を待っていました。

特に、開架室とガラス戸で区切られた静かな部屋が人気のようで、開館10分後には9割以上埋まっているのが見えました。これは、試験前のシーズンにはすぐ満席になっちゃいそうだ…。

f:id:mtca:20190616163723j:plain

また、1Fにはローソンスターバックスがあるので、長時間いるとしても物資の調達に困りません。

f:id:mtca:20190616164114j:plain

自習する学生で賑わっていましたが、この施設は図書館。素晴らしいのは、閲覧スペースや開架室に座席がかなり多く用意されており、なおかつ広々としていること。1Fから5Fまでの各階に書架があって、蔵書は非常に豊富です。

内装も美しく、図書館に求められる機能をはるかに超えたアートな空間でした。

(図書館なので、写真撮影は控えめにしました……。)

その他、楽器を演奏できるスタジオや大ホールなどもあったり。この施設はその名の通り、市民が集って文化を創り上げていく場としての機能を存分に含んでいました。

f:id:mtca:20190616163801j:plain

血管年齢や脳年齢、握力などを測定できる健康診断ブースも設置されていました。本で心を豊かにするだけでなく、身体も健康に保ってほしいというねらいがあるのでしょうかね。

f:id:mtca:20190616163818j:plain

私も血管年齢を測定してみました。結果は実年齢+1歳でした。血管の病気は怖いですから、栄養や運動に気をつけて今後もよい状態を保ちたいものです。

f:id:mtca:20190616163745j:plain

テラスも開放されていました。天気のいい日には外に出て読書を楽しむこともできますね。清掃が行き届いていて、椅子などもきれいに保たれていました。この日は連日の雨が明けたばかりで、台風一過のように澄み渡った青空を見ることができました。

バイク駐車場

大和市シリウス図書館には充実したバイク駐車場がありました。

f:id:mtca:20190616163840j:plain

126cc以上のバイク駐車場は地下にあります。バイクも四輪車も同じゲートから駐車券をとって入庫します。車種の判別はカメラで行われているようです。

f:id:mtca:20190616163900j:plain

バイクの駐車スペースは広々としています。15台分の車室があり、中型・大型バイクでも余裕です。

f:id:mtca:20190616163919j:plain

バイクの駐車料金は4時間100円で、営業時間中の最大料金は300円です。精算機は現金(硬貨と1000円札)のみに対応しています。

ちなみに125cc以下の原付は自転車と同じ駐輪場に駐めることになっており、無料時間もあって安く利用できます。

アクセス

125cc以上のバイク駐車場の入口はシリウスの南側の細い道路に面しています。なお、ここから小田急・相鉄の大和駅へは徒歩5分ほどです。

国道467号・246号からも近いので、車やバイクでのアクセスは非常によいと思います。

感想

年間300万人が訪れるというのも納得、これほど巨大な公立図書館は日本中探しても数少ないでしょう。図書館が好きな方であれば、遠方からでも訪れる価値のある施設だと思いました。

それにしても、こんな公立施設があるなんて…。大和市、豊かすぎる。

ご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


↑応援いただけると大変ありがたいです。