モトカの日記 Type-P

FORZA Siでお気楽に。

時短で便利 ドラム式洗濯機を母に贈る (Panasonic NA-VX8900L)

実家の母にドラム式洗濯乾燥機を贈りました。

最近やることが増えて大変な母の負担を、少しでも軽くしてあげたいと思っていました。

洗濯は、毎日しなければならない家事で、とても負担が大きいもの。洗うのは機械がしてくれるけど、干して乾かして取り込むのが大変なのです

梅雨の時期は乾きにくいし、夏場は夕立にやられるともう悲惨。

冬場は、寒いなか外に出て干さなければなりません。もしくは暖房のついた部屋の高いところにハンガーを吊るすのですが、そのために台に乗るので、いつか怪我をしてしまいそうで不安になりました。

浴室乾燥機もあるけれど、電気代が高いし、干しているときにお風呂に入れないのは具合が悪い…。

こういう問題をきっと解決してくれるのが、ドラム式洗濯乾燥機

洗濯物を入れてスイッチONすれば、2〜3時間後にはふわふわに乾いて完成。洗濯物を干す手間や、それに伴う危険なことをなくせます。

値段は15〜25万くらいすると聞いたけれど、手間が減ることで母に時間的な豊かさがもたらされるのであれば、価値のある買い物だと思いました。

GWに帰省するタイミング、ちょうど母の日も近いし、それにかこつけてのプレゼントです。

下調べ

まずは、現在の洗濯機置き場にドラム式を置けるかを調べました。

気をつけるべきなのは以下の5点。

  • 防水パンの大きさ
  • 水栓の高さ(低すぎると追加の工事が必要なことも)
  • 搬入通路の広さ(玄関〜廊下〜洗面所)
  • 洗濯機のドア開閉スペースは十分か
  • ドアは左開き・右開きのどちらがよいか

概ね問題ないと判断しました。

お店に行く前に、いろいろな角度から現在の洗濯機・洗濯機置き場の写真を撮っておくのがおすすめです。特に、大きさが分かるようにメジャーの目盛を写しておきましょう

商談

まずは、ヨドバシカメラで商談。

ドラム式は主に日立・東芝・パナソニックから販売されていました。

f:id:mtca:20190430181021j:image

母の好みからパナソニックの品を選ぶことに。そのなかでも、最も安いNA-VX3900Lと、その上位のNA-VX8900Lとの2つで迷いました。

上位モデルには洗剤自動投入の機能が付いていて、これが特段魅力的に見えました。


f:id:mtca:20190430221704j:image

洗剤自動投入機能があれば…

  • 洗濯機が洗濯物の計量をするのを待つ
  • ボトルのキャップを開ける
  • 洗剤をキャップに注ぐ
  • 洗剤を投入する
  • ボトルのキャップを閉じる

という、洗濯する度に生じる一連の手間をカットできるのです。

ちょっと予算オーバーかな? とも思ったのですが、洗剤自動投入の機能は外せないと思って上位モデルのNA-VX8900Lにしました。

ところが、即日配送してくれる予定だったのに、先方の手違いで配送は1週間後になると聞いてガッカリ。

家の近くのY電機ならどうかな…と思って電話で問い合わせると、ここより安い価格で即日配送してくれる話になったので、納得して購入しました。

結局、手出しの金額は210,000円で、加えてY電機のポイント13%分をもらいました。

やろうと思えばもっと安くなりそうな感触でした。他店の価格を提示するのは効きます。高額な家電を買うときは、複数のお店で相見積もりをとることが大切だと思いました。

設置・初運転

約束通りの時間に、2tトラックで配送業者が到着。古い洗濯機をほいほいと運び出され、新しいドラム式が新たに運び込まれました。

80kgくらいあるのに、一人で背負って運ぶなんて…配送業者の方、手際&体力すごすぎ。

f:id:mtca:20190430181302j:image

設置が済むと早速、溜まった洗濯物をドラム式に投入し、初運転

量が多いときは、洗濯〜乾燥まで3時間かかります。洗濯だけなら30分くらい。

終わってドアを開けると、温かくふかふかの仕上がり。量が多いのでちょっとシワがついてしまった服もありますが、縮んだり傷んだりはしませんでした。

ネットに入れたままにしたものには乾きムラが出てしまうので、それだけは注意です。

どれくらいの時間価値が生まれるのか

従来の方法(縦型洗濯機)だと、出かける前や寝る前に洗濯をしようと思っても、洗濯が終わるまで待ち、自分の手で干す手間と時間が必要でした。

それが、時間を指定(○時間後)して、乾いた洗濯物を仕上げることができるようになりました。

ドラム式がどれくらいの時間価値を生み出すかを、大雑把な仮定から計算してみます。

  • 洗剤を投入する時間 0.5分
  • 干す時間 10分
  • 取り込む時間 10分
  • 洗濯をする回数 300回/年

以上から、年間で削減できる時間は102.5時間です。これは仮に時給を1,000円とすれば、年間で102,500円分の時間を生み出してくれるのに相当します。

これなら、21万円のドラム式も、すぐに元が取れると納得できますね。

 

今回の買い物は、単なる消費や浪費ではなく、母を時間的に豊かにするための投資だったと思っています。

便利になった、と言ってくれてとても嬉しいです!!