モトカの日記 Type-P

FORZA Siでお気楽に。

賃貸の火災保険を見直して7,800円の節約に成功

賃貸マンションの火災保険を見直しすることで、2年間で7,800円の節約に成功しました。入居した後からでも間に合いました。

火災保険料が妙に高い

先日、転勤の都合で引っ越しをしました。ワンルームの賃貸マンションです。

時間的な余裕があまりなかったこともあり、仲介業者から提示された見積もりを吟味する余裕がありませんでした。

入居した後に確認すると、火災保険の保険料が妙に高い。その額、2年間で2万円

これは自分で選んだ保険ではなく、仲介業者が勝手に選んだもの。

もしかするとボッタクられているんじゃないか、と疑いました。

相場を知ろう

やはり、大切なのは相場を知ることだろうと思いました。

価格.comで比較したところ、最も安いもので年間4000円程度で火災保険が販売されていることが分かったのです。

「日新火災 お部屋を借りるときの保険」を選び、Webで見積もりをとりました。

新しい保険では、家財補償100万円に設定しました。

仲介業者が選んだ保険では、家財補償が(勝手に)300万円という高額に設定されていました。私は一人暮らしで、室内にそんな高価な家財はありませんので、補償は100万円で十分だと考えたのです。
見積もりの結果、年間の保険料は4000円でした。2年間でも8000円

借家人賠償責任や個人賠償責任の保険金額は、仲介業者が選んだ保険と比べて低くなく、補償内容は必要十分です。

すぐに管理会社に連絡し、保険を切り替える手続きをとりました。

管理会社と相談

管理会社に電話し、「割高な現在の保険を解約して、割安な新しい保険に変更したい」と申し出ました。もちろん、新しい保険の補償内容が必要十分なものであることも説明しました。

しかし、先方の対応はあまり気乗りしないものでした。

曰く「現在の保険を解約して戻ってくる金額はわずかなので、そのままにしておく方が負担が少ないかと思いますが…」とさえも。この説明には誤りがあります。

約款によると、既に払い込んだ保険料は、加入から1ヶ月以内の解約であることにより、79% (15,800円)が返戻されることになっていました。
したがって、保険を変更すれば、15,800 - 8,000 = 7,800[円] だけ浮くのです。

「それでも変更したいのだ」と念押すと、ようやく解約の手続きに移ってくれました。

新しい保険に加入

管理会社が解約の手続きを進める間に、私は新しい保険に加入しました。Web上で手続きをするのには10分もかかりませんでした。

クレジットカードで1年目の保険料4,000円を払い込みました。

最後にpdf形式の加入証が発行され、それを管理会社にメールで送付しました。

約1ヶ月後、返金

手続きを終えて約1ヶ月後、管理会社から自分の銀行口座に15,800円が返金されました。

2年間で節約できた差額の7,800円は、本来は払う必要がなかったお金だと言っていいと思います。それを取り戻せたことで随分とスッキリした気持ちになりました。

もちろん、物件を契約するときに自分で保険を選んでいればよかったことには違いありません。しかし、火災保険を見直すのは入居した後からでも遅くなく、それによってお金を取り戻すことができることが分かりました。